menu

よくあるご質問

お客様からよく頂くご質問にお応えします。

NO.1

食品を直接入れても大丈夫?

そうですね…大丈夫とはっきりお答えしたいところですが、基本的に食品と缶がダイレクトに触れることはおすすめしません。ひとつひとつ個包装したもの、あるいは紙やトレーを使用する場合は大丈夫です。
缶は遮光性、密閉性に優れているので、食品の長期保存に適しており、臭いが移りにくく、風味や香りが逃げにくいことから、茶葉やチョコレートのパッケージとしてもよく採用されています。ただし、その場合も直接触れることのないよう工夫することが大切です。どのような食品を入れるのか、事前にご相談いただければ、当社の経験とノウハウを活かしてアドバイスさせていただきます。

NO.2

缶を使うとよく売れる?

はい、売れます!缶は紙やプラスチックと違って、注目度抜群。ブランドイメージや商品イメージをしっかり表現した缶パッケージなら、店頭でのアピール力はもちろん、購入後の存在感もひときわです。もとより、ギフトやお土産のパッケージとして使用されることが多く、贈る人の気持ちを伝え、特別な日の記憶に残る商品に最適。また、缶は丈夫で後使いも多彩にできるので、長い間人の目に触れるというメリットもあり、お店やお菓子のことを思い出してもらうきっかけになります。思い出として、実用品として、さらに生活の一部として、缶は大活躍してくれます。ディスプレイにも工夫を加えればさらに効果は高まるでしょう。

NO.3

空になったあとの使い道は?

裁縫道具やアクセサリーなどの、こまごまとしたものを整理する小物入れとして使ったり、調味料や粉ものをストックする容器に利用したり、小さな缶なら薬やキャンディの携帯用にしたりと、アイデア次第で使い道は無限大。空になってからも便利なことこの上なしです。自由な発想で再利用をしていただければ、缶も大喜びでしょう。空になったらこんな使い方ができますよ、というように利用者に対して後使いの提案をプラスするのもいいかもしれません。

NO.4

窓辺だと日焼けする?

缶の塗装は紙の印刷に比べ、色褪せにくいのが特長です。ただ保温効果は備えておりませんので、高温な場所での食品保管などは避けてください。

NO.5

水回りはOK?

多少の湿気は問題ありませんが、極端に湿度の高い場所や、水のかかりやすい場所での保管は劣化を早める可能性がございますので、おすすめできません。できるだけ乾燥した場所での保管が◎

NO.6

効果的なディスプレイは?

ブリキ缶の場合、光を当てると金属による光の反射で高級感の演出や来店者に視覚的にアピールすることができます。かわいらしいPOPやラッピングを施すことでもがらりと印象が変わります。無料でダウンロードできるPOPのPDFデータやおすすめのラッピング方法もご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

NO.7

どのくらい長く使えるの?

保管する環境にもよりますが、アンティーク缶と呼ばれる缶が存在するほど、長く使用することができます。少なくとも10年はサビなどの問題も無く使用できるでしょう。