*

信じてもらえるような仕事をする

こんにちは!お菓子のミカタの清水です。

久々のブログです。

だいたいいつも久々に書いてるので、わざわざいう必要もないけど言いたいので言っときます(笑)

 

6年前を振り返りつつ

洋菓子店さん向けに50個から缶を販売する「お菓子のミカタ」の仕事を2014年からはじめて、そろそろ6年がたちます。

ウソみたいなホントの話ですが、最初はお客さまゼロでした。

IMG_9939

今では TwitterやInstagramで #お菓子のミカタ で検索するとたくさん出てくるようになりました♪

 

洋菓子店さんに可愛いデザイン缶を小ロットで使ってもらえるようにと、デザイン料と金型代合わせて50万円くらいと買い取ってもらえる当てのない2万個の缶を抱えてスタートしました。

今考えたら結構思い切ったことしてたなって思います(笑)

とりあえず缶をつくってから考えようって思ってつくったけど、ホントに売り先がなくて、一番初めはうちの営業マンの長島さんがよく行く奈良の洋菓子店さんにモニターで使ってもらうところから始まりました。

在庫2万個でモニターでとりあえず100個くらい持ち込んで使ってもらうことになりました。

 

お店の方も喜んで受け入れてくださり、小さな小さなお菓子のミカタの第一歩が始まり、店頭に並ぶ僕たちの缶をみながらワクワクしたのを覚えています。

奈良のお店で缶をモニターで使ってもらううちに、そこに出入りする包装資材の商社さんが興味を持ってくれて、そこを通うじて少しずつ販路を広げていきました。

その後も商社さんの販路とは別に、自分たちでも全国各地の洋菓子店さんにダイレクトメールを送ってホントに少しずつ僕らのことを知ってもらう取り組みを地道にずっと続けてきました。

でも最初はやっぱり、「缶とか使ったことないし売れるの?」とか思われることが多くて、サンプル依頼や注文もあまり入らず、缶の在庫が全然減らない日々が続いてました。

初対面の人からあまりモノを買わないように、洋菓子店さんも初対面の僕らからいきなり缶を買うことは難しいんだろうなって思いました。

 

ニュースレターを送り続けて、SNSでも発信し続けて、全国の洋菓子店で働く人たちに会いに行き、少しずつ怪しいもんじゃないことを理解してもらいながら(笑)、缶はお菓子の価値を上げる役立つパッケージということも理解してもらえるようになっていきました。

その他にも初めて缶を使う洋菓子店さんように小さな3種類の缶が3つずつ入った「おためし缶セット」をつくったり、最初は100缶だった販売ロットを50缶にしてみたりと、洋菓子店さんが抱える不安みたいなものを少しずつ取っていって安心して使ってもらえる工夫をし続けてきました。

その結果、おためし缶でお菓子つくってみたらお客さまの評判がよくて、追加で1ケース(50缶)買ってもらえて、さらにその追加の50缶もあっという間に売れてしまって、「今月は缶のお菓子がたくさん売れてお店も助かりました!」なんて声をいただくことも増えていきました。

そして最近ではお菓子缶のチカラを信じてもらえて、お店独自のオリジナル缶をつくってもらえるようにもなってきました。

3893CD26-0CC4-46E7-8975-17CFF7EF570D

しかもそれぞれのお店のオリジナル缶が、SNSや雑誌、イベントや催事で人気になりお店の売上アップにしっかり貢献できていてホントにお役に立ててよかったと思えることが増えてきました。

 

別に自慢したいワケじゃないんだ

とここまでツラツラと書いてきたんですが、なにも「どう?僕ってけっこう立派な仕事してるでしょ?」とか言いたいわけでもなんでもなく(笑)、今まで誰にも知られていなかったモノゴト(ここでいうとお菓子のミカタの仕事)を広めていくには、相手の抱えている不安を少しずつ取っていって「相手に信じてもらえる仕事」を積み上げていかないといけないってことを言いたかったわけです。

言いたいことを伝えるまで、なかなかの回り道でしたね(笑)

でもまぁやっぱりコレって大事な話で、ずっと今いるお客さまとお付き合いしてるだけで仕事が続けていければいいんですが、やっぱりどこかで新規のお客さまともつながっていかないといけないわけで。

その時に「ここなら安心♪」って思ってもらえるかどうかって大事なことだと思うんですね。

お店に入りづらい、商品を選びづらい、注文しづらい、一つずつ「不安」を取っていくと最後は笑顔でお買い物してもらえると思うのです。

全部一気には難しいと思うので、まずは一つだけお客さまの持っている「不安」を取ってみてあげてください。

人に信じてもらえる仕事をするためのきっかけやヒントは目の前にあると思うなぁ。

ということで、なんとなく年のはじめの1月に1記事くらい書いとかないと誰かに怒られそうなんで書いてみた次第です(笑)

ではではお仕事がんばっていきましょう!!

それはまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

清水 雄一郎
清水 雄一郎
東大阪にある お菓子の缶を創る会社 大阪製罐(おおさかせいかん)の三代目社長。自分で考えたモノを形にして、人を驚かせたり楽しませたりするのが好きです。人の心を動かすモノづくりをモットーに日々楽しみながら仕事しています。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お菓子のミカタ in東京

こんにちは!お菓子のミカタ代表の清水です。 猛暑日が続いて暑さで気が遠のく日々を送っていますが

記事を読む

先に差し出すということ

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 朝からミーティングでしたが、会議中にもマフラ

記事を読む

僕らの技術と誇りと想いが届いた日

こんにちは。お菓子のミカタ社長の清水です。 ある日のお客さまからの連絡 先日洋菓子店のオーナーさ

記事を読む

お客さまを飛び越えるとやるべきことが見えてくる

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 何かに集中して取り組もうとすると、ここぞとば

記事を読む

価値というのは、人が生み出すモノだと思う

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 今日は土曜日ですが、会社で仕事です。この時期

記事を読む

当たり前だけど人を知るには会うのが一番

行ってきました青梅市へ こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 さてさて今回、かね

記事を読む

ネタに困った時に使える清水流ブログ術

ブログネタに困った時の解決策 こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 さてさて、僕

記事を読む

緩やかな変化の中にいるのだとも思う

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 金曜日の会社の飲み会後の初出社でした。って、

記事を読む

モノに込めた想いは伝わるのだと思う

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 昨日、家族でキャンプから帰宅後に次男くんが家

記事を読む

感動を切り取る楽しさ

こんばんは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 土日の休みを利用して和歌山に遊びに来ています

記事を読む

ボンボニエール缶に込めた想い

こんにちは。お菓子のミカタ社長の清水です。 久々にブログを書こう

僕たちお菓子のミカタからのエールです

こんにちは!お菓子のミカタの社長の清水です。 前回書いたブログが

Twitterで詩を書いたら曲が生まれた話

こんにちは!お菓子のミカタの社長の清水です。 皆さんご存知だとは思い

我ながら不思議な仕事をしていると思うのだ

こんにちは!お菓子のミカタの社長の清水です。 Twitterがバズっ

信じてもらえるような仕事をする

こんにちは!お菓子のミカタの清水です。 久々のブログです。

→もっと見る

  • 洋菓子店専門のお菓子缶販売サイト「お菓子のミカタ」
PAGE TOP ↑