*

家庭でお菓子の美味しさを長く保つ方法

公開日: : 最終更新日:2016/09/27 お菓子の缶のこと

こんにちは!菓子缶メーカー社長の清水です。
旅に出ていたので一週間ぶりの出社です。

朝からいろんな人に
『よくぞご無事で!』と声をかけてもらっています。
ちょっと大げさ過ぎですけどね(笑)
ブラジルの治安の悪さとかが大々的に報道されていたので
僕の周りはメチャクチャ心配してくれていたみたいです。

心配かけましたが、とりあえず無事 元気に戻ってこれたことに感謝です。
好きなことをさせてもらったので、気持ちも新たにがんばりたいと思います!

 

さてさて 今日は、
『家庭でお菓子の美味しさを長く保つ方法』
について書きたいと思います。

 

賞味期限って何??

ご存知だと思いますが、
食品には賞味期限というものが設定されています。

ちなみに賞味期限とは、

劣化が比較的遅い食料品を包装状態のまま
所定の環境に置いた状態で製造者が安全性や味・風味などの
すべての品質が維持されると保証する期限を示す日時である。
(Wikipedia調べ)

とのことです。

簡単に言うと製造者が消費者に対して
自信をもって美味しく食べられる期限を表示したもののことです。

僕の会社ではデパートやお土産物売り場、
テーマパークなどで売られているお菓子の缶をつくっているので、
この賞味期限とけっこう関わりがあります。

クッキーの缶

パッケージによって賞味期限は異なる

僕の会社のお客さまでクッキーなどの焼き菓子を作っている会社では、
同じお菓子でも価格帯によって
袋のラッピング、紙箱、缶など、異なる容器パッケージで売られているところもあります。
例えば500円は袋入りで、1,000円は紙箱入り、
そして1,500円は缶入りといったようにです。

そういうところで話を伺うとお菓子の個包装は同じでも
容器パッケージによって賞味期限を変えているとのことでした。
容器の種類ごとに中身を守る機能性も違うので
それによって賞味期限が長くなったりします。

基本的にお菓子の原材料や作り方もいろいろあるので
紙箱に入れたら賞味期限は○○日間、
缶に入れたら賞味期限は○○日間、
なんてことにはならないのですが、
容器パッケージでどれくらい賞味期限が変わるのかというと
紙箱入りのお菓子と缶入りのお菓子では約1ヶ月くらい
缶の方が賞味期限を長く設定しているそうです。

同じ日に作ったお菓子なのに賞味期限が違うんですね。
(特定の一社に限った話なので、すべてがそうなっている訳ではありません。)

 

缶は中身の保護に優れたパッケージ

そういう意味では缶という容器パッケージは
非常に中身の品質を維持する機能性が高いと言えます。
紫外線を遮断するのでお菓子の色の劣化を防いだり

密閉性が高いのでお菓子が湿気てしまうのを防いだり

具体的言うとそういうことです。

ですから、家庭で買ってきたお菓子が余ったり
買いだめしたお菓子があったりする場合は
個包装されているお菓子だとしても
缶に入れて保存してもらうと個包装のみの賞味期限よりも
いくぶん長く美味しさを保てます。

本当は買ってすぐに食べるのが一番美味しく食べられるとは思いますが
お菓子を後で食べたかったり 余ってしまった場合など
どうしても保存しないといけない場合は

缶に入れて尚且つ直射日光の当たらない涼しい場所に保管するのをオススメします。

 

あ、ちなみにコレはクッキーなど焼き菓子に限った話なのでご注意ください。

ということで、
今日もブログを見に来てくれてありがとう!

 

お菓子の缶

缶メーカーの社長として
つくった缶を保存容器として
長く再利用してもらえると嬉しく思います♪

 

ではではまた!

 

クッキーやチョコレート用のお菓子の缶の詳細はコチラから
→【お菓子のミカタ 公式サイト】

スクリーンショット 2016-09-27 14.15.38

 

この記事を書いた人

清水 雄一郎
清水 雄一郎
東大阪にある お菓子の缶を創る会社 大阪製罐(おおさかせいかん)の三代目社長。自分で考えたモノを形にして、人を驚かせたり楽しませたりするのが好きです。人の心を動かすモノづくりをモットーに日々楽しみながら仕事しています。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

10年先の仕事を想像してみること

こんにちは!お菓子のミカタの社長の清水です。   ずっと激動 「激動の時代!」と

記事を読む

缶を届けるだけじゃない!”楽しい”を届けるんだ!

こんにちは。菓子缶メーカー社長の清水です。 今日は朝から負けられない戦いがあって 寝不足気味の人

記事を読む

売れるお菓子のパッケージには創り手の強い想いが込められている

こんばんは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 今日は朝から近くて遠い場所、世界遺産にもなっ

記事を読む

繋がりを求める時代のパッケージ

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 2週間後のトライアスロンに向けてトレーニング

記事を読む

仲間に伝えたい 自分たちがつくる”モノの価値”

こんばんは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 今日は朝から一番下の息子君の幼稚園の入園式だ

記事を読む

知っておきたいオリジナル缶の印刷手法

こんにちは!菓子缶メーカー社長の清水です。 今日は朝から子供とプールに行ったりと 久しぶりに

記事を読む

洋菓子店の個性に合わせて選べるパッケージ

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 昨日は僕の中では毎年恒例の、この一年を占う会

記事を読む

モノやサービスを提供する時に必要なコト

『特別おもしろいわけでもなく、まったくおもしろくないわけでもない。』 『特別イケメンでもないし

記事を読む

ハロウィン缶 スマイル&トレジャー 発進っ!!

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 さてさて、8月に入ったところでハロウィン!?

記事を読む

最近落ち着かないワケ

リトル清水に聞いてみた こんばんは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 ここ最近 仕事をし

記事を読む

ボンボニエール缶に込めた想い

こんにちは。お菓子のミカタ社長の清水です。 久々にブログを書こう

僕たちお菓子のミカタからのエールです

こんにちは!お菓子のミカタの社長の清水です。 前回書いたブログが

Twitterで詩を書いたら曲が生まれた話

こんにちは!お菓子のミカタの社長の清水です。 皆さんご存知だとは思い

我ながら不思議な仕事をしていると思うのだ

こんにちは!お菓子のミカタの社長の清水です。 Twitterがバズっ

信じてもらえるような仕事をする

こんにちは!お菓子のミカタの清水です。 久々のブログです。

→もっと見る

  • 洋菓子店専門のお菓子缶販売サイト「お菓子のミカタ」
PAGE TOP ↑