*

新しいモノゴトはきっと人間の想いから始まるのだ

こんにちは。お菓子のミカタ代表の清水です。

ここ最近、僕たちの仕事である洋菓子店さん向けのお菓子の缶SHOP お菓子のミカタ が、テレビやSNS、リアル店舗でもたくさんの方たちに注目頂きありがたい限りです。

Processed with MOLDIV

このお菓子のミカタの仕事、今でこそいろんなメディアで取り上げてもらえるようになりましたが、はじめた頃は全然見向きもされず、そもそも世の中にないサービスだったのでWeb検索も誰もしてくれず、ひたすらニュースレターと僕のSNSで発信する日々でした。

スタートした2014年はお客さま0

お菓子のミカタがスタートしたのは2014年。

その頃 お客さま0でしたが5年間かけてコツコツ発信を積み重ねて、今では600店舗を超えるお客さまに デザイン缶や無地缶を利用してもらえるようになりました。

昨日今日できたものじゃなく、何気にコツコツ黙々とやってきました(笑)

そんなお菓子のミカタですが、生まれたきっかけはたった一人の菓子職人さんとの出会いでした。

 

自分の親の会社に入って なんとか売上をあげようと、飛び込み営業でお邪魔したお店で「オリジナル缶つくりませんか?3,000缶からつくれます!どうですか!?」と、自分の会社の売上のことばっかり考えて身勝手な提案を吹いて回ってた僕に、「缶は好きで使ってみたいけど、僕にはまだ3,000缶は重荷なのでお店をもっと大きくしたら注文させてもらうよ。」と優しく言ってくれたオーナーさんがいました。

 

風当たりの厳しい飛び込み営業の中で優しく諭すように言葉をかけてくれたオーナーさんに対して、相手のことも考えずに自分本位に売り込みをしていた自分をひたすら反省しました。

そしていつかそのオーナーさんに僕のつくった缶を気軽に使ってもらって、なおかつお菓子の商品開発や集客のきっかけになるお手伝いがしたいと思うようになりました。

 

▼この3つの缶から全てが始まりました。

お菓子の缶

それが確か2008年くらいだったかな。

そこから「お菓子屋さんに喜ばれる気軽に使える缶ってなんだろう?」っていうことを考えながら試行錯誤の末、僕たち缶メーカーが開発と在庫リスクを自分たちで責任持って抱えて、そこから50缶という比較的少ない数量から買える”お菓子のミカタの缶”が生まれました。

 

 

人への想いを仕事に込める

「売りたい!売りたい!」と思ってた頃は一つも上手くいかなかったけど、「あのオーナーさんの役に立ちたい!」と思ってつくった缶は僕らの想像を超える力強さで広がりたくさんの菓子職人さんとの素敵なご縁を生み出してくれました。

最初から狙ったものではなく結果論ですが、新しいモノゴトが広がるのはやっぱりそこに ”人への想い” があるのかどうかに尽きるのだと僕は思います。

 

自分本位のモノゴトは、相手に想いを馳せたモノゴトには叶わないのだと。

 

生み出したモノゴトに想いを込めたからこそ、そこに共感してくれたお菓子屋さんたちからも想いを返してもらっています。

お菓子屋さんから「缶が役に立っています。ありがとう。」

僕からも「いつも使って頂いてありがとうございます。」

そういう相互の感謝の気持ちは強い絆のようになって、僕たち(僕たち缶屋とお菓子屋さん)をさらに高く強く上へ上へと押し上げてくれているように感じます。

 

▼特にお菓子屋さん同士のご縁がつながったりするのは最高です♪

ここ最近たくさんのお菓子屋さんとつながり、つながったお菓子屋さんと言葉を交わすたび、この人たちのためにもっと役に立つ仕事をしたいなって強く思うようになりました。

5年先も何が起こるか分からない激変の時代。

この先何をすべきかなんて決まってないしイマイチわからないけど、この「この人のために」って想いがまた新しいモノゴトを生み出すヒントを見せてくれるのだと信じています。

相変わらず途中から何書いてるかフラフラしましたが(笑)、『新しいモノゴトはきっと人間の想いから始まるのだ!』ってお話でした。

 

これからも想いを込めて仕事しよう。
目には見えないけれど、それはきっと大切なことだと思うから。
しみを

 

お伝えしたいことは以上です♪

ではではまた!!

 

ちなみに…

昔書いた39話にものぼる壮大な「お菓子のミカタ誕生秘話」はコチラからどうぞ。

↓↓↓

『 ただ一人を喜ばせる お菓子の缶の物語 』

 

この記事を書いた人

清水 雄一郎
清水 雄一郎
東大阪にある お菓子の缶を創る会社 大阪製罐(おおさかせいかん)の三代目社長。自分で考えたモノを形にして、人を驚かせたり楽しませたりするのが好きです。人の心を動かすモノづくりをモットーに日々楽しみながら仕事しています。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

北出マサシが実装されました

こんにちは!菓子缶メーカーフツ―社長の清水です。 どうも僕はお金にならないことに熱中してしまう

記事を読む

リアルな発信でお客さまと繋がる

今日もココから こんにちは!引出し屋の清水です。 『えっ!?缶屋じゃないの!?』の思った方は

記事を読む

売れるお菓子のパッケージには創り手の強い想いが込められている

こんばんは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 今日は朝から近くて遠い場所、世界遺産にもなっ

記事を読む

仲間に教えてもらった大切なコト

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 東大阪は外の熱気が凄過ぎて、近くのコンビニに

記事を読む

「モノをつくれる」っていう価値を忘れてはいけない

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 思い立ったが吉日という言葉を胸に行動していま

記事を読む

仕事って楽しんでもええねんで

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。   仕事の捉え方 さてさて、仕

記事を読む

自分の好きなことを深めると仕事が楽しくなる

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 先日三重県の忍者博物館に行って忍者頭巾を被っ

記事を読む

お菓子の缶メーカーが展示会で発信します

こんばんは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 突然の告知ですが、来週10月8日(水)~10

記事を読む

個性的なチョコレートから学ぶ”商品価値の高め方”

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 今日は土曜日で本来お休みの予定だったんですが

記事を読む

知っておきたいオリジナル缶の印刷手法

こんにちは!菓子缶メーカー社長の清水です。 今日は朝から子供とプールに行ったりと 久しぶりに

記事を読む

ボンボニエール缶に込めた想い

こんにちは。お菓子のミカタ社長の清水です。 久々にブログを書こう

僕たちお菓子のミカタからのエールです

こんにちは!お菓子のミカタの社長の清水です。 前回書いたブログが

Twitterで詩を書いたら曲が生まれた話

こんにちは!お菓子のミカタの社長の清水です。 皆さんご存知だとは思い

我ながら不思議な仕事をしていると思うのだ

こんにちは!お菓子のミカタの社長の清水です。 Twitterがバズっ

信じてもらえるような仕事をする

こんにちは!お菓子のミカタの清水です。 久々のブログです。

→もっと見る

  • 洋菓子店専門のお菓子缶販売サイト「お菓子のミカタ」
PAGE TOP ↑