*

繋がりを求める時代のパッケージ

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。

2週間後のトライアスロンに向けてトレーニング強度を上げたら、いきなり肩甲骨を痛めてしまいました。って、あ、僕が湯梨浜トライアスロン出場するか、フツーに温泉に浸かって帰ってくるかで葛藤しているって話は、本気でどーでもよかったですね。

 

缶の注文が増えています

さてさてここ数年、オリジナル缶をつくりたいというお客さまが増えています。

5年ほど前は不景気でお菓子の業界でも経費削減などもあって、オリジナル缶の需要が明らかに減ってるなって感じたこともあったんですけどね。

今だって決して景気が良いとはいえないですが、それでもオリジナル缶のお問い合わせや注文が増えているっていうのは、

『会社やお店もお客さまとの繋がりを求めているのかなぁ』 

って思います。

 

▼最近つくったお客さまのオリジナル缶

IMG_20150427_160221 (1)

 

上の写真にもありますが、オリジナル缶には お菓子メーカーやブランド、商品の名前なんかが入っていて、缶を後使いしてもらっている間 商品の購入者さんにお店や商品の存在を覚えておいてもらうことができます。

中身がなくなった後も商品の購入者さんに使い続けてもらって、お菓子のつくり手と購入者さんとを繋げ続けるのがお菓子の缶の裏ミッションです(笑)。

 

繋がりを生む 缶というパッケージ

・箱よりも作製費用がかかる

・発注から納期が長い

・缶の在庫を抱えないといけない など

決して使い勝手が良いとはいえない缶で、オリジナルパッケージをつくりたいというのは、やっぱり会社やお店が、自分のお客さまと繋がりを求めている現れなんだと僕は思います。

SNSなどWEBの世界でも ”繋がり” が大事なキーワードになっています。

ビジネスにおいてもWEBやリアルで、『いかにお客さまと繋がるか?』 そして 『その関係をどうやって維持し続けるか?』 ってことが重要になってきています。

そういう意味では、少し前まで 『缶は古臭い』 なんて言われたりもしましたが、お店とお客さまを繋げる缶は今の時代に合ったパッケージなんだと思います。

っていうか、昔からそうだったんだろうけど、今またその価値が見直されているのかなって、そんな気がします。

人が 企業が 繋がりを求める時代に、缶という容器で世の中の素敵な繋がりをつくっていこうと思います♪

今日もブログを見に来てくれてありがとうございます!

ではではまた~!!

 

この記事を書いた人

清水 雄一郎
清水 雄一郎
東大阪にある お菓子の缶を創る会社 大阪製罐(おおさかせいかん)の三代目社長。自分で考えたモノを形にして、人を驚かせたり楽しませたりするのが好きです。人の心を動かすモノづくりをモットーに日々楽しみながら仕事しています。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

忘れられないためにお菓子の缶はあり続ける

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 ようやくジャケットなしで外を歩ける季節が到来

記事を読む

紙の販促物の価値を高める方法

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 ニュースレターの原稿を書くように若手女子編集

記事を読む

自分の好きなことを深めると仕事が楽しくなる

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 先日三重県の忍者博物館に行って忍者頭巾を被っ

記事を読む

みんなで楽しく仕事しよう

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長兼、POP社長兼、世界の清水です。 あ、昨日のセミナーの余

記事を読む

ジャパンケーキショー2017に出展して思ったこと

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 ビジネスセミナーで講演させてもらったり、新し

記事を読む

共感は後からついてくる

こんばんは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 2歳になる息子に大きくなったら何になりたい?

記事を読む

最先端と普遍に触れる場

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 さてさて今日はエクスペリエンスマーケティング

記事を読む

【絵本 × お菓子の缶】藤枝リュウジさんの缶

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 大きな書店に行くと絵本コーナーで長居し過ぎて

記事を読む

読んでみたいという衝動に駆られた雑誌

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 今日は朝から東京出張でした。 帰りの新

記事を読む

Facebook いいね!37 でもブログが グノシーに載る方法

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 僕がなぜフツー社長と名乗っているかというと、

記事を読む

ボンボニエール缶に込めた想い

こんにちは。お菓子のミカタ社長の清水です。 久々にブログを書こう

僕たちお菓子のミカタからのエールです

こんにちは!お菓子のミカタの社長の清水です。 前回書いたブログが

Twitterで詩を書いたら曲が生まれた話

こんにちは!お菓子のミカタの社長の清水です。 皆さんご存知だとは思い

我ながら不思議な仕事をしていると思うのだ

こんにちは!お菓子のミカタの社長の清水です。 Twitterがバズっ

信じてもらえるような仕事をする

こんにちは!お菓子のミカタの清水です。 久々のブログです。

→もっと見る

  • 洋菓子店専門のお菓子缶販売サイト「お菓子のミカタ」
PAGE TOP ↑