*

僕らの技術と誇りと想いが届いた日

こんにちは。お菓子のミカタ社長の清水です。

ある日のお客さまからの連絡

先日洋菓子店のオーナーさんから「ネットショップの缶入りお菓子の注文が殺到してて何かあったんでしょうか?」ってお問い合わせをもらいました。

 

過去、何度かそういうお問い合わせをもらっていて、Twitterやマツコの知らないない世界なんかで取り上げてもらった時は顕著で、今回もSNS界隈を調べてみると、あるツイートがリツイートといいね共にハンパない拡散をみせていました。

「たぶんコレだと思うんですけど…。」

正直それくらいの返事しかできないので今回もそうお答えしました。

 

お菓子のミカタをスタートさせて以来、時々こんな感じでたくさんの人に共感を頂き僕らのつくる缶たちを拡散してもらうことがあったりします。

 

少し話は変わりますが、僕は缶屋の3代目としてこの世に生を受け、お爺さんが創業した会社を継いだ 真面目で穏やかな父から再び会社の社長を継がせてもらったワンパク社長です。

 

「ホントかよ!?」って時々疑われたりしますが、僕はお菓子の缶が大好きです。

このことが本当かどうかは僕の近しい人ならわかってもらえると思うし、僕のやっている仕事から察してもらえる部分はあると信じています。

 

僕と僕らのこと

子供の頃からお菓子の缶が好きで、お菓子の缶屋さんになりたかった僕ですが、いざお菓子の缶屋になってみたら悲しい想いや悔しい想いもたくさんしてきました。

 

大手の洋菓子メーカーさんの缶を創業から60年余りつくり続けてきた僕の会社は、歴史と安心感はあるものの、企画力の全くない会社でした。

「こんな缶をつくったらお客さんから人気出ますよ!」って洋菓子メーカーさんに提案しても、「言われたモノだけつくってる缶屋が何言ってんだ」くらいの雰囲気で受け入れてもらえることもなく、自分たちの持っている力を誰かのために100%発揮することはできませんでした。

 

つくってもらえないなら勝手につくるしかない。

 

僕たちの持てる全ての技術と缶屋の誇りみたいなものを詰め込んで3つの缶をつくりました。

 

▼お菓子のミカタとして一番 最初につくった缶

DSCN0720

 

洋菓子店のオーナーさんに喜んでもらえるようにと、お菓子を買いにお店に来る可愛いもの好きな女性に喜んでもらえるような素敵な缶をつくりました。

 

あれから5年がたった今、僕たちの想いはたくさんの人に届き始めたような気がします。

 

缶屋の息子が大好きな缶でたくさんの人に喜んでもらおうとつくった缶たちは、僕の想像を超えてTwitterやinstagramといったSNSを介してたくさんの人たちのお陰で一人歩きさせてもらっています。

 

▼たくさんの人に届いたガブさんのツイート(ありがとうございます)

行く先々のスマホの中でいいねやリツイートをしてもらい、共感の渦に乗っていろんな場所のいろんな人に届き、僕らの缶を使ってくれている洋菓子店さんとつながっていく流れは本当に嬉しいし、関わってくれる人たちに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

僕たち缶を好きでいてくれて本当にありがうございます。

 

お菓子の缶でお菓子を手に取る人、お菓子をつくる人、それを見てくれる人に喜んでもらって、世の中を少し明るくできたら嬉しく思います。

 

引き続き頑張ります。

 

急にまじめなブログですません。

 

すごく嬉しかったものでつい(笑)

 

ではではまた。

 

 

 

 

この記事を書いた人

清水 雄一郎
清水 雄一郎
東大阪にある お菓子の缶を創る会社 大阪製罐(おおさかせいかん)の三代目社長。自分で考えたモノを形にして、人を驚かせたり楽しませたりするのが好きです。人の心を動かすモノづくりをモットーに日々楽しみながら仕事しています。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当事者にとって無価値なモノにも価値は宿るのかも知れない

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 朝からほとんど食べていないのに、夕方になって

記事を読む

お客さまと同じように仲間にも楽しんでもらいたい

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 なんかスケジュールが盛り沢山で呆然とする瞬間

記事を読む

親友のつくるお菓子に思うこと

こんばんは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 子供の頃嫌いだったものが今になって食べれるよ

記事を読む

北出マサシが実装されました

こんにちは!菓子缶メーカーフツ―社長の清水です。 どうも僕はお金にならないことに熱中してしまう

記事を読む

謎の小包み届くの巻き 前篇

こんばんは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。   今日の朝 会社に出社する

記事を読む

あなたがやらなきゃ誰がやるの!?

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 あの日以来、心も体もなかなか休まりません。っ

記事を読む

最先端と普遍に触れる場

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 さてさて今日はエクスペリエンスマーケティング

記事を読む

続・旅に出ます

こんにちは!フツーな社長の清水です(笑)。 昨日から旅にでてまし出てまして、ドコにいるかという

記事を読む

心許せる親友はワリとヤリ手の社長

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 人前で話す時、受けを狙ってアドリブで話し出す

記事を読む

喜んでもらおうと思ったら、”リアルなコミュニティ” ができたって話

こんにちは!菓子缶メーカーフツー社長の清水です。 3歳になる息子が「パパ、ミッチーがなぁ」って

記事を読む

僕たちお菓子のミカタからのエールです

こんにちは!お菓子のミカタの社長の清水です。 前回書いたブログが

Twitterで詩を書いたら曲が生まれた話

こんにちは!お菓子のミカタの社長の清水です。 皆さんご存知だとは思い

我ながら不思議な仕事をしていると思うのだ

こんにちは!お菓子のミカタの社長の清水です。 Twitterがバズっ

信じてもらえるような仕事をする

こんにちは!お菓子のミカタの清水です。 久々のブログです。

いつもと違う「お客さまとの接点」をつくるということ

こんにちは!お菓子のミカタの清水です。 先日4日連続でブログを書

→もっと見る

  • 洋菓子店専門のお菓子缶販売サイト「お菓子のミカタ」
PAGE TOP ↑